カヤック

日高~富良野カヤック遠征

hoa-kayak-competition-2014

毎年この時期、二日間にわたって開催されるHOA(北海道アウトドアアドベンチャーズ)主催のカヤックコンペ Extreme Whitewater Challengeに今年も参戦してきました。そのため、約1週間ツアーをお休みさせて頂き、その間にお問い合わせ頂いたお客様には大変ご迷惑をおかけしましたが、おかげで、ニセコウッカ!ガイド2名は、身も心もリフレッシュして戻ることができました。

 

ノゾが総合1位チヒロが総合3位に輝いた昨年に比べ、今年は参加者が倍近くに膨れ上がったこともあり、それぞれ2つ3つ順位を落としてしまったものの、両名ともまずまず満足の行く成績を収めることができました。

こんなにも多くのカヤッカーが集まるのは恐らく初回以来で、昼も夜も大いに盛り上がりました。

そして大会翌日。昨年、やはり大会後に訪れ、コテンパンに叩きのめされたブルーリバー、美瑛川へ。

hoa-kayak-competition1

今年もブラウンウォーターを湛えた美瑛川は、それでも少しだけその水量を減らし、やさしく我々を迎えてくれました。昨年痛い目にあった落ち込みの連続する激流も無事クリア。なんとかリベンジを果たしました。

biei-kayak

新千歳空港で新潟の実家に帰省していたさっとんと純平を迎え、昨晩帰宅。たった5日の間に、息子はビックリするほど多くの言葉を憶えていました。また、糞害で我々を悩ませていた雀の一派も、この5日間で巣立ちを終えたようで、大量の糞でさんざん後を濁しつつ我が家を去り、遠くでチュンチュン鳴いていた。

本日からは通常業務。午前は他社を手伝い、そのまま夏コースの下見へ。今週末からニセコラフティングツアーは夏コースでの開催となりますが、その前に飛び込みポイントの開拓をしなければならないのでした。

ここ3年ほど使用していたポイントは枝も根もついたままの大木が沈んだため保留。2、3目星をつけていたポイントも深さが足りず。駄目もとで初年度に利用していたポイントに戻ると、沈んでいた丸太は流れ、川底に溜まっていた砂も流れて深さを取り戻した様子。2度トライしてみたが問題なし。良し!ってことで、しばらくはこのポイントで飛び込みしようと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す