ツアーレポート

2018年1月6日ツアー

年始からの発熱もどうにかおさまり、無事ツアーを開催することができました。

関西から一人旅のお客様、写真を取りたいとのご要望で、ゆっくり観察しながら歩ける倶知安コースを選択。

雪がモサモサ降り続けておりました。

エゾリス達の足跡がなかなか見つからず、こんな日は巣篭もりでもしているのだなと諦め掛けていたところ、立て続けに二匹のリスに遭遇。二匹目の後を付いてゆくと、大きな大きなエゾマツの重なり合う枝葉の中へ。姿は見えないものの、他の木に移った様子もないので、この木の側を本日の休憩場所としました。

コーヒーを沸かしている間に覗きに行くと、下りて来てくれました。

そしてトップ画像のように、こちらを向いたまま、ドド松の種子らしきものを頬張る姿を見せてくれたわけです。

休憩後はスノーハイクにとっては勾配きつめの斜面で2度ほど転げてもらって、無事ゴール。

よくエゾリスに出会える今季、運が良いのか?探しながら歩けば意外に遭遇率は高いのか?

 

口コミ投稿にご協力ください!

口コミを投稿する

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す