美笛&モラップキャンプ場と支笏湖クルーズ〜千歳川下り

bifue-camp

シーズンが始まるとなんだかんだと忙しく、昨年達成できなかった宿題、キャンプツアーの下見。今年はあらかじめクローズ日を設定し、行ってきました。

1日、友人家族と美笛キャンプ場。水質日本一に何度も選ばれている支笏湖。凪で水面が平らならば、どこまでも透き通って見えます。

まだ明るいうちからBBQスタート。

bifue-camp1

お腹が満たされたらひたすら焚き火です。

takibi

炎を見つめながら、お酒は進む一方ですが、たとえ飲み過ぎたとしても、美笛キャンプ場に来たならば、何としても早起きして朝日を拝みたいものです。

bifue-camp2

こちらのテントがキャンプツアー用に購入したノルディスク、今回が初使用です。

2日目のイベント、千歳川下り。ラフティングボートにダッキー3艇の大所帯。

chitosegawa-downriver

支笏湖から流れ出している千歳川もまた、透明度抜群。梅花藻が水中にたくさんの白い花を咲かせ、見頃を迎えていました。秋には鮭の遡上も見られます。

baikamo

3日目のイベント、樽前山登山。さっとんは産後初の登山です。

tarumae-climb

かなりの疲れ具合で、翌日の筋肉痛を心配していましたが、下山後に入った温泉効果か、奇跡的に筋肉痛も疲労感もなし!!休暇村支笏湖、良い温泉です。

この後は家族のみモラップキャンプ場へ移動。湖畔まで迫る森の中にあった美笛とは対照的に、こちらはビーチといった雰囲気。

だーれもおりません。ほぼ貸切状態の2日間。

1日はダッキーで千歳川の流れ出しまで漕ぎ、その距離感を体で確認。

この日も凪。穏やか過ぎて純平は夢の中へ。

写真はありませんが、水の中まで続く柱状節理は見応えありました。

こちらが千歳川の流れ出し。川を進むとすぐにダムがあって行き止まりになりますが、澄んだ水の中に魚たちの泳ぐ姿も確認できました。とにかく綺麗!

あっという間の4日間、最後の締めくくりはこの旅最後の大仕事。
マメの顔に出来た出来物を取ってもらいに病院へ。
これで視野が広くなったはず!

今回のリサーチで、大まかなイメージをつかむことが出来ました。今年秋に1度モニターツアーを行って、来年からメニューに入れられたらいいな~

北海道で一年を通して下れる川は貴重です。自然を楽しむキャンプツアー乞うご期待!